マウスピース等その他の装置~矯正歯科治療Information[ワイヤレス矯正]

TopPage > ワイヤレス矯正 > マウスピース等その他の装置


ワイヤレス矯正について

ワイヤーを使わずに、マウスピースや床拡大装置(拡大式床装置)を使用して行う矯正歯科治療法についてご案内いたましす。

マウスピース矯正

マウスピースイメージマウスピース矯正とは、歯に「アライナー」と呼ばれる透明のマウスピースを歯にかぶせて、少しづつ正しい位置に歯を移動させる矯正歯科治療法です。

一般的には、アライナーは約2週間~1ヶ月毎に新しいものに作り変えられ、症状や使用する装置の種類にもよりますが、1日20時間程度装着する必要があります。


【マウスピースのメリット】
・透明なので目立たない
・ブラケットやワイヤーが無いため、会話や食事などに違和感が少ない
・ワイヤー矯正と比較して痛みが少ない
・自分で取り外しが可能である
・金属を使用していないので、金属アレルギーがある方にも安心(ワイヤー矯正で使用される金属も様々なものがありますので、アレルギーのない素材でできたものもある可能性はあります)
・取り外して洗えることや歯磨きもワイヤー矯正と比較して容易であるため清潔である
【マウスピースのデメリット】
・比較的軽微な不正歯列の治療(や矯正治療後の後戻りの治療)でしか使えない
・自分で取り外しができてしまうために、決められた時間マウスピースを装着せずに過ごしてしまうことが(特に子供に)あり、期待した治療効果が得られないこともある

 

アクアシステム

マウスピース矯正の中でも比較的安い治療費で矯正歯科治療が可能です。インビザラインと異なり、マウスピースを制作する都度、口の型をとるため(面倒ではありますが)虫歯治療などによって歯の形が変わることにも柔軟に対応できます。ただ、採用されている歯科医院が限られているめ、近くに対応する歯科医院が無い場合もあるようです。

アクアシステムの6つのメリット
1.透明なマウスピースで目立たない
2.簡単ブラッシングで衛生面も安心
3.取り外し自由でストレス0
4.ホワイトニング治療も同時に行うことができる
5.違和感なし。会話もスムーズ
6.ローコスト、治療期間の短縮

詳しくはオフィシャルページ(http://www.aquasystem-kyousei.jp/)をご覧ください。

インビザライン(invisalign)

マウスピース矯正の中でも比較的高い治療費が必要となるインビザラインは、他のマウスピース矯正と異なり、治療初期段階で専用のコンピュータを用いて、歯の移動する向きや量をシュミレートし、2週間毎に取り替えるマウスピースを最初に作ってしまいます。このため、矯正治療中に虫歯治療などによって歯の形が変わってしまうとその後に使用するマウスピースが使えなくなってしまうこともあるため、一定の治療制限が入ることがあります。

1997年にアメリカで開発・発売以降、日本でも2006年2月に発売が開始され、利用者数も100万人を超えていることから、比較的安心できる矯正歯科治療法でもあります。ただし、アメリカで装置が制作されるため、装置の完成までの期間が長い(2~3ヶ月前後)ため、他の治療法(例えばクリアアライナーは国内製作のため1~2週間前後)と比較して治療スタートまでに時間がかかります。

インビザラインのメリット
1.透明なマウスピースで目立たない
2.食事中はマウスピースを外して自由に食事が出来る
3.マウスピースを外して清掃できるため口腔内を清潔に保ちやすい
4.初期診断時のコンピュータシュミレーションで計画された歯の移動を見ることができるため、治療イメージがわきモチベーション向上に繋がる
5.ホワイトニング治療も同時に行うことができる
6.一般的なマウスピースは1つのマウスピースで1mm歯を移動させるが、インビザラインは緻密に計算されているため0.25mm移動させるようになっている

詳しくはオフィシャルページ(http://www.invisalign.com/generalapp/jp/ja/index.html)をご覧ください。

アソアライナー(旧クリアアライナー clear aligner )

他のマウスピース矯正と同様に、透明なマウスピースを装着して治療します。インビザラインと異なり、マウスピースを制作する都度、口の型をとるため(面倒ではありますが)虫歯治療などによって歯の形が変わることや、想定外の歯の動き(早い・遅い)にも柔軟に対応できます。

クリアアライナーのメリット
1.透明なマウスピースで目立たない
2.食事中はマウスピースを外して自由に食事が出来る
3.マウスピースを外して清掃できるため口腔内を清潔に保ちやすい
4.ホワイトニング治療も同時に行うことができる
5.インビザラインよりも薄く(0.5~0.75mm)見えにくい設計となっているため、審美性が高い
6.1日の装着時間が若干短い(17時間)
7.前半を軟性、後半を硬性、と2種類のマウスピースを使い分けることで痛みが少なくてすむ

詳しくはオフィシャルページ(http://www.aso-inter.co.jp/AsoAligner/index.html)をご覧ください。

オペラグラス

マウスピース矯正にはインビザラインのように治療初期にすべての期間のマウスピースを作ってしまうものと、クリアアライナーのようにその都度型をとって製作するものの2通りがあります。これら2つの方法には、それぞれメリットデメリットがありますが、オペラグラスは「3D画像によるシュミレーション」「その都度印象採得を行って装置を製作する正確さ」という双方のメリットを合わせ持った、マウスピース矯正治療法です。

詳しくはオフィシャルページ(http://www.opera-co.jp/album/operaglass.html)をご覧ください。

ストレートライン

他のマウスピース矯正が比較的軽微な不正歯列に限定された治療法でしたが、ストレートラインによるマウスピース矯正治療は、歯の移動方法やマウスピースの形態に独自の方法を用いることで、外科的な治療が必要な症例以外のほとんどの症例に適応できる矯正歯科治療装置です。

詳しくはオフィシャルページ(http://www.straightalign.co.jp/)をご覧ください。

エシックス(essix)

他のマウスピース矯正と同様に透明なマウスピースを1日に20時間以上装着します。エシックスの製作には、専用のコンピュータやプログラムが不要であるため、各歯科医院(や近くの歯科技工所)で製作されるため比較的短期で製作されることから、治療開始が他のマウスピース矯正と比較して最も早く、また治療費も安価ですが、軽微の不正歯列や1~2本程度の部分矯正にしか使えません。

クイック矯正(補綴矯正)

クイック矯正(補綴矯正)とは、審美歯科治療で利用されているクラウンやラミネートベニアと呼ばれる人工の歯を装着することで「歯並びをよく見せる」治療法です。したがって、「歯並びをよく見せる」という意味では矯正治療の1つとみなされますが、厳密には実際に歯を移動させないため、矯正歯科治療ではない、とも言えます。

■ラミネートベニア~歯の表面にセラミックでできた「ラミネートベニア」と呼ばれる白い補綴物を貼りつける治療法です。
【メリット】
・歯並びをよく見せると同時に「白い歯」も手に入れることができる
・2~3回の通院程度で済むため、治療期間が短期である
【デメリット】
・貼り付け前に(健康な)歯を少し削る必要がある
・セラミック製なので割れてしまうことがあるため、前歯など使える部分が限られている
・歯を動かすわけではないため、軽微な不正歯列の場合にしか使えない

■クラウン(差し歯)~ラミネートベニアが「歯の表面」に貼るのに対して、クラウンは「(金属やセラミックなどでできた補綴物を)歯全体に被せる」ことになります。元々は虫歯などによって歯の一部を失った場合の治療法です。
【メリット】
・歯並びをよく見せると同時に「白い歯」も手に入れることができる
・2~3回の通院程度で済むため、治療期間が短期である
【デメリット】
・(健康な)歯の歯髄を取らなければならない場合がある
・セラミック製などでは割れてしまうことがある
・歯を動かすわけではないため、軽微な不正歯列の場合にしか使えない

ダイレクトボンデスング

ダイレクトボンディングとは、一般的に歯が欠けてしまった場合に、欠けた部分を補う歯科治療法の1つです。歯科用レジンと呼ばれるセメントのようなものを直接歯につけて造形し歯の色や形を回復させます。

矯正歯科治療の現場では、軽微な正中離開(すきっ歯:前歯の間があいている)のようなケースで利用され、歯と歯の間の隙間部分を歯科用レジンで埋め(歯の横幅が広くなるように造形)ます。歯科医師の技術がよければ、通常の歯と見分けがつかない位自然な仕上がりになります。


ContentsMenu