表側矯正(唇側矯正)~矯正歯科治療Information[ワイヤー矯正]

TopPage > ワイヤー矯正 > 表側矯正(唇側矯正)


ワイヤー矯正について

矯正歯科治療を行う際に最も一般的な治療法であるワイヤー矯正についてご案内いたしします。

表側矯正(唇側矯正)とは

表側矯正イメージ表側矯正(唇側矯正)とは、歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を取り付け、そこにワイヤーをとおして矯正歯科治療を行う方法です。

同じワイヤー矯正でも、舌側矯正よりも多く採用されている治療法です。


舌側矯正(裏側矯正)と比較して、
・治療期間が短くて済む
・矯正料金が安価である
・難しい症例(ケース)であっても対応が可能
といった良い面がありますが、
・(クリアタイプでない場合は)装置が目立って審美性に問題がある
といったマイナス面もあります。

ブラケットやワイヤ等の見た目(色)による分類

歯の表面にボンドで取り付けるブラケットは様々なタイプのものがあります。ここでは、その材質と色の観点で分類してみたいと思います。

1.金属を使った素材
ワイヤー矯正がはじまった当初から使用されており、最もメジャーなものです。製品によって使われている原料は異なりますが、ニッケル・チタン・クロムなどの合金でできているものが多いです。
【透明素材と比較したメリット】
・金属であるため頑丈であることから、破損がなく歯の移動スピードも早い
・治療費も安め
・汚れが目立つため歯ブラシが行き届きやすい
【透明素材と比較したデメリット】
・ギラギラとした見た目(審美面)に難がある。

2.セラミックなどの目立たない素材
矯正歯科治療に審美性が求められるようになったことで、技術が進歩し比較的最近になって現れたブラケットです。歯の色に近い「ジルコニア」、白の「セラミック」、透明な「サファイア」が主な素材です。
【金属素材と比較したメリット】
・装置が目立たない。
【金属素材と比較したデメリット】
・衝撃や破折に弱く、歯の移動スピードも若干遅い
・治療費が高め
・汚れが目立たないため歯ブラシが行き届きにくい
・プラスティック製の場合、色素沈着で若干ですが色がついてしまうことがあります。

3.目立たないワイヤ
一般的にブラケットに通すワイヤは金属製でできていますが、金属製でない白いワイヤーもあります。セラミックなどの目立たないブラケットと併用することでねかなり目立たなくなります。

ワイヤーテクニックによる矯正歯科治療法の違い

ワイヤ矯正は、歯に装着したブラケットにワイヤを通し、そのワイヤを通して歯に持続的に弱い力を加えて歯を移動させる治療法です。このワイヤ矯正に使われるワイヤの種類によっても治療法が異なります。

【ストレートエッジワイズ法】
歯科医師がワイヤーの調整を行わず、歯列に一番あった既製のアーチワイヤーを利用した治療法であるため、医師による技術格差が少ない反面、細かな調整ができないためケースによっては利用出来ない場合があります。

【スタンダードエッジワイズ法】
歯科医師が個々の歯並びの状況にあわせて、個別にワイヤーの調整を行うため、医師の高い技術力が求められますが、ストレートエッジワイズ法では対応できない難しいケースでも対応でき、細かな調整ができるため、仕上がりが綺麗になります。

デーモンシステムによる矯正

デーモンシステムとは、ハイテクブラケットと最先端ワイヤーによって、従来の治療法と比較して「より早く」「もっと簡単に」「ずっと快適に」治療できる矯正歯科治療法で、子供から大人まで利用できます。
【デーモンシステムのメリット】
1.矯正治療期間と通院数が短縮
2.優しい力によって矯正治療に伴うワイヤー痛が減少
3.歯周組織が綺麗に
4.矯正治療における抜歯の可能性が減少
5.清掃性の良い清潔な矯正器具

また、最近になって「クリアタイプ」も新登場し、デーモンシステムの難点の1つであった審美面も格段にアップしました。


ContentsMenu