裏側矯正(舌側矯正)~矯正歯科治療Information[ワイヤー矯正]

TopPage > ワイヤー矯正 > 裏側矯正(舌側矯正)


ワイヤー矯正について

矯正歯科治療を行う際に最も一般的な治療法であるワイヤー矯正についてご案内いたしします。

裏側矯正(舌側矯正、リンガル矯正)

裏側矯正イメージ裏側矯正(舌側矯正、リンガル矯正)とは、歯の裏面にブラケットと呼ばれる矯正装置を取り付け、そこにワイヤーをとおして矯正歯科治療を行う方法です。

歯の裏側にブラケットを装着するので「他人に気づかれずに矯正歯科治療ができる」ということで接客業の方やテレビなど人前に出る機会が多い方に人気の矯正歯科治療法です。


しかしながら、良いことばかりでもなく、表側矯正と比較して
・装置と舌が接触するため、しゃべりづらさや食事の時の違和感が強い(使用装置にもよりますが2週間~1ヶ月程度で違和感はなくなります)
・料金が高い
・治療期間が幾分か長期になる
・表側矯正では可能なケースでも、裏側矯正では対応できないケースもある
といったデメリットもあります。

このため、「ハーフリンガル」といって、他人から目立つ上の歯は裏側矯正(舌側矯正、リンガル矯正)、下の歯は表側矯正(唇側矯正)を選択する方も多くいらっしゃいます。

STb裏側ストレートワイヤーシステム

ブラケットのサイズが従来の歯科矯正装置の約半分の大きさで、全体的に丸みを帯びたデザインであるため、審美的な歯科矯正治療法である裏側(舌側)矯正で今まで問題となっていた、話しづらい、食べにくいなどの障害が大幅に軽減されました。もちろんブラッシングもし易くなっています。

また、もう1つの特徴として、装置の改良により、歯にかかる力が弱くなり、使用するワイヤーもとても細く特殊であるため、弱い力を効率よく利用して矯正歯科治療が出来るようになり、歯の移動が早くなり、結果として治療期間が短くなりました。

詳しくはオフィシャルページ
裏側矯正STbネット http://www.lingualortho.net/
をご覧ください。


ContentsMenu