ワイヤー矯正とは~矯正歯科治療Information[ワイヤー矯正]

TopPage > ワイヤー矯正 > ワイヤー矯正とは


ワイヤー矯正について

矯正歯科治療を行う際に最も一般的な治療法であるワイヤー矯正についてご案内いたしします。

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とは、歯の表面(または裏面)に『ブラケット』と呼ばれる装置を特殊なボンドで貼り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に歯を少しづつ動かしていく歯列矯正治療法です。

ワイヤー矯正イメージ① ワイヤー矯正イメージ② ワイヤー矯正イメージ③

従来は、ギラギラとした金属製のブラケットを歯に装着することから、審美面を気にする患者さんなどを中心に敬遠されがちでしたが、最近では、セラミックやプラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい矯正歯科治療を選択することも可能となり、また、歯の裏側にブラケットを装着するタイプの裏側矯正では、他人に気づかれることなく矯正歯科治療ができるようになりました。

ワイヤー矯正は、歯列矯正治療法の中で、最も利用されている治療法であるため、

・比較的多くの矯正歯科医院で施術を受けることが可能
・技術革新も進んでおり、審美性の改善、装置の小型化、治療期間の短縮化、痛みの軽減といった患者にとっての負担が従前と比較して軽減されてきていること
・マウスピースなど他の矯正歯科治療法では対応できないケースであっても、ワイヤ矯正は基本的に全てのケースで可能
・マウスピースなどと違って自分で取り外しが出来ないため、治療効果が高い

などの良い面がある反面、

・歯に装置を装着するため、装着当初はしゃべりづらさ、食べにくさなど違和感がある
・表側矯正では、(クリアタイプは目立ちませんが金属タイプは)見た目(審美性)に問題がある
・歯磨きが行き届かずに虫歯や歯周病の原因になることもある
・装置が外れてしまうこともある
・ブラケットやワイヤーに金属を使用しているため、金属アレルギーがある方の場合は、使用できない装置もある(アレルギーの無い金属でできているブラケットやワイヤーがある場合も多くあります)

といった悪い面もあります。

患者様の症状の程度や予算、嗜好などによって使用する装置は異なってきますが、それぞれのメリット・デメリットを担当歯科医師から説明してもらい、きちんと理解・納得した上で治療を開始するようにしましょう。

ワイヤー矯正と同時に行われる補助施術

ワイヤー矯正を行う際に、治療効率の向上等を目的として、「インプラントの埋入」や「顎骨の外科手術」が行われる場合もあります。

インプラント矯正

ワイヤー矯正の治療法の1つに「インプラント矯正」という治療法があります。これは、歯を失った場合の治療法として注目されている「インプラント(人工歯根)」を矯正歯科治療に取り入れたものです。

具体的には、通常のワイヤー矯正と違い、インプラントを固定源とすることで歯を目的の位置に効率的に動かすことが可能となり、動的治療期間が大幅に短縮化されます。

ただし、比較的新しい治療法であること、そして、通常のインプラントと同様に矯正用インプラントを骨に埋入するための手術(数分程度で終わるため、入院等の必要はありません)が必要であることから、まだ広く治療を受けられる環境にない(近所にインプラント矯正が出来る医院が少ない・無い)こと、インプラント埋入手術を行う分治療費が高くなる、といったデメリットもあります。

外科矯正

不正歯列の原因が骨格にある場合に、ワイヤー矯正やワイヤレス矯正といった通常の矯正歯科治療だけでは治療が出来ない場合に、顎骨の外科手術もあわせて行う治療法です。

外科手術が必要になるため、数週間程度の入院が必要となることや、対応出来る医院が限られていることなどのデメリットもありますが、多くの場合で健康保険の適用を受けることができたり、動的治療期間の短縮化が図られるなどのメリットもあります。

一般的には、ワイヤー矯正である程度歯列を整えてから外科手術を行い、再度ワイヤー矯正で歯列を整える、といった手順になります。


ContentsMenu