歯並びと健康などの関係~矯正歯科治療Information[歯列矯正の基礎知識]

TopPage > 歯列矯正の基礎知識 > 歯並びと健康などの関係


歯列矯正の基礎知識

歯並びでお悩みの方へ、不正咬合の原因やその影響・種類、歯が正しい位置に動くメカニズムなど、矯正歯科治療の基礎知識をご案内いたします。

歯並びと健康などの関係

歯並びが悪いと歯磨きが行き届かないため虫歯になりやすくなったり、消化不良や場合によっては対人障害の原因の1つにもなります。

1.口腔衛生上の影響

歯並びが悪いとどうしても歯磨きが行き届かなってしまうことで口腔環境が悪化し、虫歯や歯周病へと発展するケースが多くあります(逆に元々の歯並びはいいのに、歯磨きが適切でないために虫歯や歯周病になって歯並びが悪くなるというケースも)。

また、咬み合わせがわるくなると、唾液の分泌が少なくなることで、虫歯や歯周病になったり、口臭の原因にもなることもあります。

2.消化・健康面の影響

  1. 消化不良、肥満体質
    咬み合わせが悪いと、食べ物を奥歯で充分にすり潰すことが出来ず、胃への負担が増え消化不良につながることもあります。
  2. 頭痛や肩こり、顎関節症の原因に
    頭痛や肩こりで悩んでいる方で「歯並び」が原因の1つだった、ということは意外に多いのです。これは、歯並びが悪いことによって咀嚼時に(無意識に)顎の動きや力の入れ具合がおかしくなってしまうことがあり、これが近くにある筋肉や神経などに影響を与えてしまい、顎の近くにある頭や肩、首などに悪影響を及ぼしてしまうのです。

3.性格、精神面への影響

  1. 外見上の見た目の劣等感
    人の第一印象に占める外見のイメージが大きな割合を占めるということを前に述べましたが、「しゃくれ」や「バードフェイス」のような外見上のコンプレックスや、歯並びが悪いという劣等感から人前で話をしたり歯を見せて笑うことに抵抗感を感じ、消極的になってしまうことがあります。また、それが学校生活や仕事にも悪影響が生じたり、ひどい場合には「うつ」などの精神疾病に繋がることもあります。
  2. 発音障害による劣等感
    下顎前突や開咬といった前歯の咬み合わせに問題がある不正歯列の場合に多いのですが、空気(息)が漏れてしまうこと等によって発音が不明瞭になることもあり、人前で話すことに消極的になってしまうことがあります。

ContentsMenu