なぜ歯並びが悪いのか?~矯正歯科治療Information[歯列矯正の基礎知識]

TopPage > 歯列矯正の基礎知識 > なぜ歯並びが悪いのか?


歯列矯正の基礎知識

歯並びでお悩みの方へ、不正咬合の原因やその影響・種類、歯が正しい位置に動くメカニズムなど、矯正歯科治療の基礎知識をご案内いたします。

なぜ歯並びが悪いのか?

矯正歯科治療についての説明をはじめる前に、まずは歯並びが悪くなってしまった原因について考えてみましょう。原因を理解しないと、折角矯正歯科治療をして素敵な歯並びになっても、また戻ってしまう可能性があります。

1.先天的(遺伝)な原因によるもの

遺伝のみが原因ではありませんが、先天的、つまり、生まれついての骨格(下顎が出ているなど)が原因で歯並びが悪くことがあります。当然のことながら、親が矯正歯科治療を行なっていたとしても、子供には遺伝で矯正歯科治療前の状態が現れます。

  1. 歯の数に異常がある(少ない、多い)
    →叢生、正中離開 など
  2. 歯の大きさや形に異常がある
    →叢生、正中離開 など
  3. 下顎が突出している等の骨格の形や大きさ、位置などの異常
    →上顎前突、下顎前突、上下顎前突 など

2.後天的(生活習慣、病気など)な原因によるもの

歯が顎骨に固定されていることから、後天的なことが原因で歯並びが悪くなる、ということはあまり考えが及ばないようですが、生活週間や病気等によっても歯並びが悪くなる、ということを私達は知っておく必要があります。

  1. 虫歯や歯周病などによる歯の欠損
    →隣接する歯が傾斜したり、移動したりする
  2. 柔らかい食べ物が中心の食生活習慣
    →顎骨の成長が促されないことによって叢生の原因に
  3. 指しゃぶり、頬杖、歯ぎしり、うつぶせ寝などの生活癖
    →幼児期の指しゃぶりが長いと、開咬や上顎前突などの原因に
  4. 呼吸法
    →鼻炎等によって慢性的に鼻呼吸でなく口呼吸をしていると上顎前突や下顎前突の原因に
  5. 早期の離乳
    →舌や唇の筋肉の発達が未熟なまま離乳してしまったり、哺乳瓶の乳首が適切でなかったりすることで、口腔の発育が充分でないことが歯並びを悪くする原因に

ContentsMenu