矯正に使われる装置に関するFAQ~矯正歯科治療Information[矯正歯科治療に関するFAQ集]

TopPage > 矯正歯科治療に関するFAQ集 > 矯正治療装置


矯正歯科治療に関するFAQ集

矯正歯科治療をはじめるにあたって、「痛みは」「費用は」「どれ位期間がかかるのか」「何歳からできるのか」など、様々な疑問があるかと思います。ここでは、皆様からよく寄せられる質問について一般的な症例を前提としてご案内させていただきます。なお、個別の症例や使用する装置・技法等によって異なる場合がございますので、詳しくはお近くの矯正歯科医院にお尋ねください。

矯正に使われる装置に関するFAQ集

歯に矯正装置をとりつけると、しゃべりづらかったり違和感があったりしないのでしょうか?
歯にブラケットをとりつけるワイヤー矯正も、マウスピースなどを使用するワイヤーレス矯正でも、今までなかったものが口腔内に取り付けられるわけですから、一定の違和感があったり、(特に歯の裏側にブラケットを装着する舌側矯正<裏側矯正>では)しゃべりづらさなどが出てきます。しかし、ブラケットも従来と比較して小型化されたり、全体的に丸みを帯びた形状へと進化したことで、違和感や話しづらさを感じる期間は短くなってきており、多くのケースで1~2週間程度で慣れてくるようです。
ワイヤー矯正で裏側と表側に装置をとりつける方法があると聞いたのですがその違いは?
何と言ってもその違いは他人から見て矯正装置が「見える」か「見えない」かの差になります。多くの方が「できれば他人に気づかれずに矯正歯科治療したい」と思っていますが、見えない(裏側)矯正は一般的に表側の矯正と比較して「費用が高い」「違和感がある」「治療期間が若干長くなることが多い」といったマイナスの面があることも事実です。このため、他人から見て目立つ上の歯は「裏側」、目立たない下の歯は「表側」と使い分けたりすることも(医院によっては)可能です。ただ、表側矯正も透明なブラケットを利用することで「目立たずに」矯正歯科治療ができますし、「目立つ」ことを逆手にとって「カラフルでおしゃれ」な装置の使用を希望される方もいらっしゃいます。
ワイヤー矯正では歯磨きが難しいと聞きましたが・・・
矯正装置が歯に装着される関係で、食べ物カスがたまりやすくなります。装置をとりつける際などに歯科衛生士さんや歯科医師から矯正期間中の歯磨きの仕方について指導がありますので、きちんと覚えて実践しましよう。
矯正装置(ブラケット)がとれてしまうことはないのですか?
ワイヤー矯正で使用されるブラケットと呼ばれる装置は、歯に特殊なボンドで接着していますが、矯正治療完了後に跡が残らないように綺麗に取り外せることができる必要があるため、ブラケットに強い力が加わると外れてしまうことがあります。したがって、せんべい等の固い食べ物や、ガムやキャラメルなどの粘着性のある食べ物を食べる場合などは注意が必要です。なお、装置がとれてしまった場合は装置が口腔内を傷つけたり、歯が正しくない位置に移動することもあるため、できるだけ早く受診しましょう。
スポーツや管楽器の演奏などに支障はないのでしょうか
矯正治療スタート当初は痛みや違和感がしばらく続くため支障が出ることがありますが、基本的には問題無いでしょう。ただし、口腔内に装置をとりつけている関係で、頬や唇に強い刺激があるスポーツ(ボクシングや柔道、レスリングなどの格闘系は特に)は口腔内を傷つけないために注意が必要です。

ContentsMenu