治療費用に関するFAQ~矯正歯科治療Information[矯正歯科治療に関するFAQ集]

TopPage > 矯正歯科治療に関するFAQ集 > 治療費用


矯正歯科治療に関するFAQ集

矯正歯科治療をはじめるにあたって、「痛みは」「費用は」「どれ位期間がかかるのか」「何歳からできるのか」など、様々な疑問があるかと思います。ここでは、皆様からよく寄せられる質問について一般的な症例を前提としてご案内させていただきます。なお、個別の症例や使用する装置・技法等によって異なる場合がございますので、詳しくはお近くの矯正歯科医院にお尋ねください。

矯正歯科治療費用に関するFAQ集

矯正歯科治療にかかる費用は?
1.各患者さんの症状
軽度の不正歯列なのか重度の不正歯列なのか
2.使用する装置
たとえばワイヤー矯正では歯の表側に装置をとりつける表側(唇側)矯正の方が歯の裏側に装置をとりつける裏側(舌側)矯正よりも安価
3.地域
都心と地方の物価の差

といったような違いによって、一概にいくら位ということは言えませんが、多くが30万円~150万円前後の料金設定となっているようです。
分割払いは可能ですか?
各矯正歯科医院によって異なる部分ですが、多くの医院で分割払いが可能であったり、クレジットカードや、信販会社の提携ローンが利用できる医院もあります。
健康保険の対象にはならないのでしようか?
矯正歯科治療は病気での治療ではない、という考えから健康保険の対象とはならず、全額自己負担となります。ただし、唇顎口蓋裂など特定の先天性疾患が原因で矯正歯科治療が必要な場合は健康保険の適用が可能になります。
年末調整の医療費控除の対象になりますか?
医療費控除はその年の1年間に支払った医療費の総額が10万円を超える場合に、一定の金額を所得から控除できる仕組みです。したがって、単に美容目的で行った矯正歯科治療は対象外となりますが、不正咬合の治療を目的とする矯正歯科治療であれば対象になります。医療費控除申請には領収書の添付が必要ですので、きちんと保管しておく必要があります。
※税務署によっては「(美容目的でなく)医療目的である」という診断書が必要な場合もあるようです。
※歯科医院への通院のための公共交通機関を使った場合の交通費も対象です。

ContentsMenu